悪性リンパ腫でも前向きな治療で改善していこう

医者と看護師

悪性リンパ腫とは何か

私たち人間の体には、いろんな臓器や血管などが通っています。そのため、あらゆる病気にかかる恐れがあるのです。まず、リンパ系の組織から発症してしまう悪性腫瘍があります。これは、いわゆるガンのことです。リンパ液はリンパ管から全身を巡っていきますので、悪性リンパ腫は体のどの部分でも発症してしまう恐れがあります。また、症状が進めば骨や脳にまで及び、白血病に行こしてしまうケースもあるでしょう。

ハート

聴神経腫瘍とは

耳の奥には、平衡感覚に関係してくる神経があります。その神経を包む細胞から発生してくる良性の腫瘍のことを指します。腫瘍が大きくなるスピードはゆっくりですが、大きくなってしまうと周囲の神経や、脳を圧迫してしまいます。また、聴神経腫瘍は大概、片方だけに起こります。

医者

人体の免疫力と免疫治療

人体には、病原菌やウィルスが侵入すると、それを排除しようとする働きが備わっています。その力が、免疫です。その免疫を高めることで、病気に負けない体制が作れます。そして、今この免疫を利用した治療があり、免疫療法と言われています。悪性リンパ腫の治療にも働いてくれるので、多くの方が注目し治療をしているのです。

悪性リンパ腫の治療の違い

手術による治療

一般的な治療法で、病巣自体を除去し、体の他の部分に転移した腫瘍も取り除きます。ただ、大きくなって取り除けない腫瘍もあるので完治のためには早期発見が一番重要です。

抗がん剤による治療

抗がん剤を利用した方法で歯、がん細胞が増殖するのを抑えながら、その細胞を壊していきます。部分的な治療ではなく、全身のがん細胞に対して効果を発揮します。

自分と向き合って治療していく

免疫療法によって、自分の体としっかりと向き合っていき、体だけでなく気持ちの負担も減らしていくことが大切です。そこで、実際に治療を受けた方の感想を紹介します。

実際に免疫療法を受けての感想

がん治療に特化したクリニックを選んでよかった

東京でも、がんに特化しているクリニックを探して受診しました。色々な不安もありましたが、専門的なので安心しました。

副作用を減らしたことで負担が減った

がん治療では副作用が辛いとよく聞くので、副作用の少ない治療を行ってもらいました。結果、体に対する負担も軽減しながら治療ができたと思います。本当によかったです。

自分に合った治療が受けられた

治すことが一番なので、治療をするにあたり事前にしっかりと遺伝子の検査をしてもらいました。その検査結果をもとに、自分に合った治療を受けることができました。

相談しながら治療ができた

がんの診断に不安がありましたが、医師と相談する中で治療の選択肢が広がり、気持ちが前向きになれました。

広告募集中